こちらのページでは、当店がおすすめする、メガクロスシリンダーをご紹介しています。
詳しい内容をお知りになりたい方はお気軽に当店電話またはメールにてお問合せ下さい。


一般的なシリンダーとの比較
  • キーウェイの構造が簡単な形状のため、ピッキング、バンピング、インプレッションに弱い。
  • 外筒を破壊した際に内筒が抜けるので鍵を開けられてしまう。
  • 耐カム送り対策済みのシリンダーと、対策をしていないシリンダーの種類がある。
    ドアによって選ばなければならない。
  • キーが表裏対象ではないので、シリンダーに差し込む方向が固定されている。
  • 抜き差しがしずらい構造になっている。
  • 合鍵がどこでも作成できる。

 耐ピッキングの性能の高さ
万全のピッキング対策
@平ピンが5列、斜めピン4列が交互に交差する。
A太鼓上のアンチピックピンを使用。
Bキーウェイにピックが入りにくい複雑な形状

3重の対策で、ピッキングは非常に困難なシリンダーです。
 耐破壊の性能の高さ
頑丈な破壊対策
@ドリリング対策として、超硬板を使用したピンとプレートを
 シリンダー内に設けています。
A万が一ドリルやホルソーで外筒を破壊しても、内筒が抜けない
 構造になっています。
 利便性の高さ
鍵の抜き差しがし易い
@表裏対称なので鍵を差し込む向きはどちらでも操作が出来ます。
A鍵の挿入口はすり鉢状なので差し込みし易い形状です。
 登録カードシステムによる安心
合鍵作製には登録カードが必要なので、不正な合鍵複製を
防ぐことが出来ます。
またピンは斜めから噛み合うため、通常の複製方法では、
合鍵を作ることが出来ません。


このページのトップへ戻る


Copyright (C) 2005 ホームページ作成のトータルディアネット Co,Ltd. All Right Reserved.